冬はあったか、夏はサラサラ!天然素材『メリノウール』の世界

冬はあったか、夏はサラサラ!天然素材『メリノウール』の世界
野生の羊

寒くなってきたら手に取りたくなる『ウール』素材のアイテム。ですが、ウールの“チクチク”が苦手・・という方も多いのではないでしょうか。

そんなイメージを覆すのが今回ご紹介する『メリノウール』。抜群の着心地と暖かさを持つ最高品質の素材です。

メリノウールとは?

メリノウールタートルネックニットの首元

オーストラリアやニュージーランド等で飼育されているメリノ種という羊の毛で作られた天然素材。繊維が細く、チクチクせずやわらかい肌触りで、肌が弱い方でも安心して着用できます。

メリットとデメリット

足立がタートルネックを着ている

メリット

NOチクチク!抜群の着心地

ウール=チクチクの概念をひっくり返す、優しく柔らかな肌触りが特徴です。そのしなやかさはまるでシルクのよう。

冬はポカポカ、夏もサラサラの調温機能

ウールは天然素材。化学繊維に比べて保温性に優れており、寒い日の心強い味方。更に、メリノウールには冬は暖かく、夏は涼しいという調温機能も備わっています。

天然の抗菌・防臭効果

「冬は汗をかかない」と思っていませんか?どれだけじっとしていても、実は汗は出ているのです。
そんな“隠れ汗”から発するニオイも、メリノウールが持つ天然の抗菌防臭効果でスッキリ◎。吸水力にも優れているので、汗をかいてもサラサラです。

デメリット

乾きにくい

メリノウールは水を含みやすい性質のため、汗などをしっかり吸い取ってくれます。しかし、速乾性に優れる化学繊維と比較するとやや乾きにくいです。

お手入れ必須

多少雑に扱ってもヘコたれない化学繊維と比べると、生地が摩耗しやすい性質。洗濯方法や取り扱いを丁寧にすれば、長く着用することは可能です。大切に扱うことで、服に対する愛情も生まれそうですね。

高めの価格設定

ウールの中でも最高級の素材であるため、必然的にお値段は高めです。

こんな人にオススメ!

アウトドアをするカップル

アウトドアが好き!

登山などで重要視されるベースレイヤー。地肌に直接触れるので、素早く汗を吸収・放出し、体温を維持する役割があります。そんなベースレイヤーの素材にメリノウールが多く採用されています。寒すぎず暑すぎない絶妙な保温力、優れた防臭抗菌性が生かされているのです。

肌が乾燥しやすい

個人的な話ですが・・・私は一般的に“あったかインナー”と呼ばれるアイテムを着用すると、肌がガサガサになります。この件でお悩みの方は多いもよう。
実は、一般的にこれらのアイテムは、『吸湿発熱繊維』を採用しています。汗などの水分を吸収し、繊維が発熱することで暖かさを保つもの。そりゃ~乾燥もします。

メリノウールは天然素材ゆえの保温機能なので、そんな心配もありません。肌が弱い方やお子様にもオススメです。

チクチクが苦手

チクチクする服を着ていると、終日微妙なストレスにさらされている気分になりませんか?メリノウールはしっとりとした肌触りなので、一日快適に過ごすことができます。

メリノウールを使用したお勧めアイテム

デイリー使いOK!なめらかで洗える薄手メリノ

REのメリノウールタートルを着る

RE MADE IN TOKYO JAPAN  メリノウール ニット タートルネック
詳細を見る

『スーパーファイン・メリノ』 を使用した別注モデル

GOOD&WOOLENのメリノウールロングスリーブTシャツを着る

GOOD & WOOLEN 別注 スーパーファインメリノ ロングスリーブ Tシャツ
詳細を見る

光沢が美しいピュアメリノウール100%をタートルで

足立がBRENAのタートルネックメリノウールを着る

BRENA タートルネックニット メリノウール
詳細を見る

最後に

寒い日のインナーはメリノウール

いかがでしたか?
芯まで冷え込んでくる季節でも、快適に過ごすことができるメリノウールをご紹介させていただきました。

コロモビトではあなたを魅力的にする情報をお届けしていきますので、またお越し頂けましたら幸いです。


よろしければブックマークよろしくお願いいたします。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コトカテゴリの最新記事