インナーダウンは本当に暖かいのか?冬フェスの服装で試してみた。

インナーダウンは本当に暖かいのか?冬フェスの服装で試してみた。

こんにちは、コロモビトです。
先日更新した本当に暖かいダウンの着方を教えます。という記事で、

「着込みすぎるとかえって寒く、熱源(体温)を上手く利用して動かない空気の層を作ってあげることが大事」

と触れましたが、最近あることに気づいてしまいました。
インナーダウンって上手く活用したらかなり暖かいんじゃないかということに。

気付いた人

インナーダウンは本当に暖かいのか?

薄いインナーダウン

インナーダウンは薄くて見た目はあまり暖かそうじゃないですよね。
本当に暖かいのか?と私も疑っていました。

そこで、12月に大阪の南港であった冬の音楽フェスにインナーダウンを着て参戦してみました。

冬の音楽フェスのRADIO CRAZY (レディクレ)で試してみた

会場は海沿いにあり風も強く、
移動や待ち時間で過ごす外は凍えるほど寒いんです。
そうかと思えば会場の室内では人がかなり集まりおしくらまんじゅう状態、
熱気でかなり暑くなるという
温度調節がとても難しい環境です。

ライブ会場

自分の持っている服の中で試行錯誤した結果、
基本的に防風の薄いアウターで過ごし、
外に出たときだけインナーダウンを着る

というのが良いんじゃないかという結論に至り、
ロンT+インナーダウン(640FP)の上に裏地付きの薄いナイロンのアウター
を羽織って参戦しました。

作戦は見事に的中し、
外でもナイロンの下にインナーダウンを着込めば全く寒くない!!
室内ではインナーダウンを脱いでポケットに小さく収納!!
コンパクトになるので嵩張らず邪魔にならないので、どの環境でも快適そのものでした。

必要な時に必要な性能を発揮できる、インナーダウンってすごい!

と感じさせられる出来事でした。

インナーダウンのおすすめ

インナーダウンの重ね着

ちなみにハイネックだったり、デザインを全面に押し出すようなモノもありますが、インナーダウンはインナーにしたときはさりげなくチラッと見えるか、見えないか位が格好良いと思います。
もちろんアウターにして着てもイイ感じですけどね。

700FPの超軽量ダウンカーディガン

FIDELITY(フィデリティ)ライトダウン キルト カーディガン

FIDELITY(フィデリティ)ライトダウン キルト カーディガン

ALLIES社の700フィルパワーの高品質ダウンを使用。
高品質ダウンを使用することで、高防寒性をキープしつつ、ボリュームを最小限に抑えました。
価格19,800円 (税込)

詳細を見る

国内屈指のシェラフメーカーNANGA(ナンガ)が手掛けるダウンカーディガン

 NANGA(ナンガ) ダウン カーディガン

NANGA(ナンガ) ダウン カーディガン

アウトドアフリークに多くのファンを持つナンガ。
スペイン産のホワイトダックダウンに超撥水加工を施した、770FPのウルトラドライダウンを採用。羽毛自体が撥水性を持っており、湿気に強くボリュームを保ちやすいあたり、さすがナンガです。
価格24,530円 (税込)

詳細を見る

スイッチ一つで暖かくなる近未来型インナーダウン

ION EXTRA(タイオンエクストラ) メンズ クルーネック インナーダウンセット

TAION EXTRA(タイオンエクストラ) メンズ クルーネック インナーダウンセット 

USBバッテリーを装着し胸元のスイッチを押すことで、ダウンに仕込まれたヒーターが起動し、衣服自体が暖かくなる新発想のダウンです。体温が低い人は体温を熱源にして膨らむダウンの恩恵を受けにくいのですが、これならしっかり暖かくなり冬も怖くない!3段階まで衣服内の温度調節ができる優れものです。
価格26,180円 (税込)

詳細を見る

最後に

いかがでしたか?
コロモビトの結論は
必要な時に必要な性能を発揮できる、インナーダウンってすごい! 」です。

そして、防寒着の保温性能も大事ですが、性能を発揮させる使い方も同じくらい大事です。

モノカテゴリの最新記事