クルーネックスウェットを大人っぽく、おしゃれにコーディネートしたい

クルーネックスウェットを大人っぽく、おしゃれにコーディネートしたい

こんにちは。コロモビト.です。

クルーネックスウェットというアイテムは、着心地の良さ、気軽さ、着回し力の高さなどもあり、多くのお客様が一枚は持っているアイテムなのではないでしょうか?

世代を問わず、性別を問わず、幅広い層から長年愛され続けているカジュアルアイテムの一つクルーネックスウェット。

しかし逆に言うと、万能アイテムであるがゆえ、着こなし方を間違えると子供っぽく見えたり、おしゃれに見ないというデメリットもあります。

そこで今回は、クルーネックスウェットを使用した大人っぽく、そしておしゃれ見えするコーディネートをご紹介させていただきます。

スウェットとは?

スウェットというと、現代ではクルーネックタイプのリブ付きプルオーバーのことを指して呼ばれることが多いのですが、本来はアイテム名ではなく吸水性に優れるコットンを使って内側をパイル状にした裏毛生地のことを「Sweat(スウェット)」と呼びます。

以前は同タイプのアイテムをトレーナーと呼ぶことが多かったのですが、ヴィンテージアイテムの人気が高まった1990年代頃より徐々にスウェットと呼ばれるようになりました。

一般的にスウェットと呼ばれているアイテムの正式名称は「Sweatshirt(スウェットシャツ)」、本国アメリカでは「Sweat(スウェット)」では生地そのものの呼び名となり通じません。

ちなみにスウェットパーカーは「 Hooded Sweatshirt (フーデッドスウェットシャツ) 」または略して「Hoodie or Hoody(フーディ)」と呼びます。

大人っぽく、おしゃれ見えするコーディネート術

では実際にどのようにコーディネートをすれば、大人っぽく、そしておしゃれに見えるのかということを、コーディネート写真を交えながらご紹介させていただきます。

ジャケットをコーディネートにプラスする

アウターを着ないと寒い冬シーズンとは異なり、春シーズンはアウターを脱いで、トップスとパンツ中心のコーディネートをするという方も多いと思います。
 
しかし、ジャケットをコーディネートに使用することで“きちんと感”を表現することができ、余裕のある大人な印象にまとまります。

クルーネックスウェットは無地を選ぶのが基本形、ジャケットまたはパンツのどちらか一つを上品な印象のアイテムにすることで、こなれた雰囲気を演出できます。

全身をラフにまとめる着こなしもあるのですが、現在はあまり女性ウケが良くないようなので、注意しましょう。

STYLING 1

ヴィンテージ加工を施したデニムジャケットを使用したスタイリングです。

デニムジャケットをコーディネートにプラスすることでワイルドな印象を演出、ブラウンのパンツとの組み合わせたが、より大人な雰囲気を醸し出しています。


Coordinate Item

ジャケット /・スウェット /・パンツ /・シューズ


STYLING 2

大人でトラディショナルな印象を演出してくれるハリントンジャケットを使用したスタイリングです。

トップグレーのクルーネックスウェットとデニムパンツの着こなしはアメカジの王道コーデなのですが、ベージュ(カーキ)色のハリントンジャケットをコーディネートにプラスすることで、上品で大人な雰囲気にまとまっています。


Coordinate Item

帽子 /・ジャケット /・スウェット /・パンツ /・シューズ


クルーネックスウェットの中にシャツを重ね着をする

シャツを中に着たレイヤードスタイルも、おしゃれな印象を感じさせるコーディネートとなります。

クルーネックスウェット一枚での着こなしはラフな印象になりがちですが、中にシャツを重ね着することで、上品な印象を演出してくれます。

中に着るシャツは無地でも良いのですが、着こなしのアクセントにもなるのでチャックやストライプなどの柄物がおすすめ。

カジュアル感を強めに演出したい時はシャツの裾を表に出して着る、きちんと感を強めに演出したい時はシャツの裾をパンツの中に入れるというように着こなすと良いでしょう。

STYLING 1

ヴィンテージをモチーフにしたワイルドな印象のクルーネックスウェットをチェック柄のシャツを重ね着することで、上品な雰囲気にまとめたスタイリングです。

細身のチノパンで、より洗練された大人なムードを演出しているのも、このコーディネートのポイントです。


Coordinate Item

スウェット /・シャツ /・パンツ /・シューズ


STYLING 2

ブラックのクルーネックスウェットとグレーのパンツのコーディネートがクールで大人な印象を感じさせるスタイリングです。

インナーにシャツを重ね着し、ニットキャップを被ることで重たい印象にならないように着こなしているのも、こなれた雰囲気を感じさせます。


Coordinate Item

帽子 /・スウェット /・パンツ /・シューズ


STYLING 3

トップス、ボトム共にボリューム感のあるアイテムでにまとめ、クルーネックスウェットの中にヴィンテージ加工を施したデニムシャツを着用した、ゆったりとしたシルエットが印象的なスタイリングです。
 
ゆったりとしたシルエットの着こなしは、着こなし方を誤ると子供っぽい印象になってしまうのですが、シャツを重ね着することで、おしゃれで大人なムードにまとまっているのも、このコーディネートのポイントです。


Coordinate Item

スウェット /・シャツ /・パンツ /・シューズ


パンツとのコーディネートで選ぶクルーネックスウェット

「クルーネックスウェットを大人っぽく・おしゃれにコーディネートできるパンツが知りたい」というヒトも多いと思いますので、おすすめのクルーネックスウェットをパンツとのコーディネートでご紹介させていただきます。

コーディネートを参考に、あなたのお気に入りの一枚をお探しください。

GOOD ON(グッドオン) ラグラン クルー スウェット


Coordinate Item

[左] :・帽子 /・パンツ /・シューズ
[中] :・シャツ /・パンツ /・シューズ
[右] :・帽子 /・インナー /・パンツ /・シューズ


顔料染めカラーのスウェット生地は、お洗濯を繰り返しながら長く着込むほどに色褪せし、ビンテージ品のような風合い感のある表情に変わっていきます。

スウェット生地の凹凸感に顔料染め特有の色の濃淡が際立つ、Good Onならではの一枚。

詳細を見る

FELCO(フェルコ) インバースウィーブ Vガゼット クルーネック スウェット ヘビーウェイト


Coordinate Item

[左] :・帽子 /・パンツ /・シューズ
[中] :・帽子 /・パンツ /・シューズ
[右] :・シャツ /・パンツ /・シューズ


厚みとコシのある生地を使用した16オンススウェットで、フカフカというよりガシッとした丈夫そうな素材感。ガシガシ着込んでもへこたれないタフさが魅力のスウェットです。

プルオーバータイプでは珍しく脇にポケットが付いた、遊び心のあるデザインもポイント。
ハンドウォーマーとして、や小物入れとしても便利なディティールです。

詳細を見る

KEPANI(ケパニ) 別注 ラフィー裏起毛 セットインスリーブ クルー スウェット


Coordinate Item

[左] :・パンツ /・シューズ
[中] :・帽子 /・パンツ /・シューズ
[右] :・シャツ /・パンツ /・シューズ


極上の肌触りが特徴のKEPANIのスウェット。
特にKEPANIの代名詞である「ラフィー裏起毛」は、暖かく柔らかい極上の肌触りの虜になるアイテムです。

「肌触り」と「着心地」にこだわった1着をお楽しみください。

詳細を見る

KEPANI(ケパニ) ハリス-2 / ラフィー裏起毛 クルー スウェット


Coordinate Item

[左] :・帽子 /・パンツ
[中] :・帽子 /・シャツ /・パンツ /・シューズ
[右] :・シャツ /・パンツ /・シューズ


KEPANIの代名詞である『ラフィー裏起毛』は暖かく、柔らかな肌触りが大きな特徴。

『肌触り』と『着心地』にこだわって仕上げた一着です。

詳細を見る

BARNS(バーンズ) 別注 吊り編み 裏毛 プルオーバースウェット


Coordinate Item

[左] :・帽子 /・パンツ /・シューズ
[中] :・帽子 /・シューズ
[右] :・シャツ /・パンツ /・シューズ


バーンズの看板商品である『吊り編みスウェット』のクルースウェットを、通常より袖・裾リブを長めに設計したROCOCO別注モデル。

スウェットながら素材の特性を生かし、詰まり過ぎない程よいネックラインのスッキリとしたシルエットに仕上げています。

詳細を見る

最後に

気軽に着ることが出来、着心地も快適なクルーネックスウェットは、カジュアルなシーンではもちろん、ホームウエアーとしても使えるということもあり、様々な商品が存在します。

その為、着こなし方を間違えると「ダサい・・・」と言われてしまうことにもなりかねません。

本日ご紹介した内容を参考に、クルーネックスウェットを使用した、大人ならではの洗練されたおしゃれをお楽しみください。
 
コロモビト.ではあなたを魅力的にする情報をお届けしていきますので、またお越しいただけましたら幸いです。
よろしければブックマークよろしくお願いいたします。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

12126

モノカテゴリの最新記事