襟が伸びにくいTシャツのお話

襟が伸びにくいTシャツのお話

「ヘビロテして着ていたお気に入りのTシャツ、襟が伸びてよれよれになってしまった。」という経験をしたという方はいらっしゃいませんか?

「俺も」「俺も」とそこら中から声が聞こえてきそうなほど、多くの方が経験していることだと思います。

そこで今回は、襟が伸びにくいTシャツについてのお話をさせていただきます。

襟が伸びてしまうのはクルーネック

襟が伸びてだらしない印象になってしまいがちなのはクルーネックのTシャツです。

とここで「クルーネックって何?」というお声がちらほらと聞こえてきそうなので、Tシャツの襟のデザインについてのお話をさせていただきます。

クルーネック

クルーネックとは、首回りにピタリと沿ったリブを使用したネックラインのことを呼びます。

クルーネックのクルーとは船員・船の乗組員という意味で、船の乗組員が着ていたセーターのネックラインが由来とされています。

Tシャツの一番代表的な襟の形です。

Vネック

Vネックとは、アルファベットのV字型に開いたネックラインのことを呼びます。

V字型の開き方によって雰囲気が変わり、クルーネックに比べるとスタイリッシュな印象を演出してくれます。

Uネック

Uネックとは、アルファベットのU字型に開いたネックラインのことを呼びます。

元々女性用のアイテムに良く使用されていたこともあり、華奢な印象を演出してくれます。

また首元の広がりが顔を小さく見せる効果があると言われています。

ヘンリーネック

ヘンリーネックとは、首から胸元まで切れ込みを作りボタンで留める丸首のデザインのことを呼びます。

ヘンリーは毎年ボートレースが行われることで有名な英国テムズ河畔な町の名前で、そのレースで選手が着ていたシャツの襟の形から名づけられたと言われています。

元々スポーツユニフォームが発祥ということもありカジュアルな雰囲気を演出してくれます。

ボートネック

ボートネックとは緩やかな曲線で横に広くカットしたネックラインのことを呼びます。

カーブした曲線が船(ボート)の底の形に似ていることから命名されたと言われています。

バスクシャツと呼ばれるフランス生まれのボーダー柄のプルオーバーのネックラインとしても良く知られています。

Tシャツの襟が伸びてしまう理由

Tシャツの襟が伸びてヨレヨレになってしまう理由として大きく2つの原因が考えられます。

それは
使用されている素材・生地の問題
襟の縫製・始末の問題
です。

素材・生地について

Tシャツは素肌に着た時にでも快適な着心地が求められます。

その為多くの商品に使用されている素材がコットン天竺です。

このコットン天竺は綿の糸を使用して編み立てられるカットソーで、着心地を高める為に横への伸縮性を高めています。

この横への伸縮性の高さが、襟が伸びてしまうという原因の一つとなります。

縫製・始末について

首よりも大きい頭を通して首回りにピッタリと沿ったネックラインを演出する為に、クルーネックTシャツのネックラインには伸縮性の高いリブやフライスが使用されています。

このリブやフライスはボディーに縫製で取り付けるのですが、この縫製の仕方によっても襟が伸びやすくなってしまいます

襟が伸びにくい素材とは

素材については、薄手の素材に比べて厚手の素材の方が襟が伸びにくいということが言えます。

コットン天竺を使用したTシャツは、生地の厚さをOZ(オンス)で表現されることが多いのですが、ライトオンスよりもヘビーオンスの方が一般的に襟が伸びにくいとされています。

ただし着心地という点で考えた場合は、ヘビーオンスよりもライトオンスの方が一般的に優れています。

糸の紡績や加工などにより、上記のデメリットを補ったコットン天竺も存在しますが、やや高額な商品が多いのが現状です。

襟が伸びにくい縫製・始末とは

Tシャツの襟付けの縫製には、一般的に「ロック付け襟仕様」と「バインダーネック仕様」があります。

また襟が伸びにくいようにする始末もありますので、いくつかご紹介させていただきます。

ロック付け襟仕様

ロック付け仕様とは襟に使用するリブをボディーと一緒に内側に織り込み、裏側からロックミシンで縫い合わせて作られる襟付けのことを言います。

Tシャツの襟を作る際のもっとも一般的な縫製方法なのですが、襟が伸びやすいというのが難点となります。

バインダーネック仕様

バインダーネック仕様とは伸縮性の高いリブやフライスをボディーに挟み込んで作られた襟のことを言います。

一般的にロック付け襟仕様よりも襟が伸びにくいと言われています。

アメリカンヴィンテージアイテムやミリタリーアイテムなど、ハードなタイプのTシャツの襟として良く採用されています。

裏バインダー始末

裏バインダー始末とは、ロック付け襟仕様の際に本体素材や伸び止めテープなどを使用して襟の後側の縫製部分を見えないようにする始末のことを言います。

この始末をすることで、首の肌触りの違和感を軽減し首周りの強度をアップしてくれます。

タコバインダー始末

タコバインダー始末とは、ロック付け襟仕様の際に左肩から首の後ろを通して右肩までをバインダー始末することを言います。

このタコバインダー始末を行うことで、縫製部分の違和感を軽減し、肩と首周りの強度がアップされます。

襟が伸びにくいTシャツ選

襟が伸びにくいバイダーネック仕様のTシャツをいくつかご紹介させていただきます。

BARNS(バーンズ) カラー別注 吊り編み 天竺 ループウィール クルーネック ポケット Tシャツ

ヴィンテージの風合い漂う『米綿T』
BARNS名作吊り編みTeeをさらに進化させたコットンTシャツ。糸をUSAメイドのリサイクルコットンに変更し、米綿らしいドライな肌触りを残すために、あえて一般的なスラブ糸よりボアつきの多いムラ糸を採用した拘りの逸品に。

ジャパンメイドのクオリティに、アメリカの空気感がプラスされた一枚です。

詳細を見る

HAVE A GOOD DAY(ハブアグッドデイ) ルーズ 半袖 Tシャツ

これ1枚でキマる旬シルエット
肉厚な天竺コットン素材を使用したルーズT。ラフに着られるリラックスシルエットは、大人カジュアルにぴったり。

ヴィンテージライクな空環の糸残しや、ヌケ感のある切りっぱなしの裾など、一見シンプルながらもこだわりのディティールがギュっと詰まった1枚です。

詳細を見る

GOHEMP(ゴーヘンプ) ヘンプコットン ベーシック ショートスリーブ Tシャツ

ヘンプ×コットンのBESTバランス
GOHEMP定番のヘンプオーガニックコットンジャージ素材を使った半袖Tシャツ。ナチュラルな素材のルックスにヘンプの『吸水、速乾に優れたドライタッチ』と、オーガニックコットンの『柔らかな肌ざわり』のバランスが良く、機能的でありながら着心地にも配慮された仕上がりに。

有機肥料を使う栽培殺虫剤や農薬を一切使用しておらず、素肌・地球環境に優しいアイテムです。

詳細を見る

GICIPI(ジチピ) サルモーネ フライス クルーネックTシャツ

イタリア生まれの上質カットソー
一度着るとやみつきになる、シンプルなデザインと着心地の良さは格別。毎日の生活に気持ちよく寄り添ってくれる、オススメのアイテムです。

すべての工程をイタリアの自社工場で行い、1枚1枚丁寧に生産されるこだわりの製品。着心地の良さとクオリティーの高さは逸品で、価格以上の価値があります。

詳細を見る

MELPLE(メイプル) ウィークエンダー クルーネック Tシャツ

週末の頼りになる“相棒”
休日を快適にリラックスして過ごしたい人へ向けて開発されたベーシックなクルーネックタイプのTシャツ。

ストレッチ性に優れた生地は、サラッとした涼やかな肌触りで、独特な艶感も◎。何よりも心地良く、そして嫌味のない程度の上品な雰囲気を感じれる。 そんな普通そうで、普通じゃない、充実した週末を過ごせる1枚に仕上がっています。

詳細を見る

SOGLIA(ソリア) GT2 マックスウエイト ショートスリーブ Tシャツ

拘りの生地で作った大人のルーズシルエット
糸にこだわって物を生みだす国産ニットブランド「soglia」より、GT2を用いたショートスリーブTシャツ。

通常のリング糸とは構造が異なるGT2を使用。14ozという厚手の生地に仕上がっています。その肉厚な生地感は通常のTシャツの概念を打ち破るほどです。また、通常のコットン100%の生地に比べ優れた機能を有し、快適な着心地を実現しています。

詳細を見る

BANDOL(バンドール) リブコットンショートスリーブ ミリタリークルーTEE

ミリタリーアンダーウェアがモチーフ
高い伸縮性をもち、程よく体へフィットするクルーネックTシャツ。古い年代のミリタリーアンダーウエアに見られる様な、幅広のリブを袖に付けたデザインがクラシックな雰囲気です。

フランス自社工場で生産されるバンドールのカットソー。地元名産のワインの名前がブランド名の由来でワインが時間をかけて熟成していくように、いつまでもワードローブにあり、時を経ても愛用してほしいという願いが込められています。

詳細を見る

RE MADE IN TOKYO JAPAN(アールイー) スプリット ラグラン ポケット Tシャツ

上品で心地よく、それでいてガシガシ着られる
伸縮性よりは度詰な固さで耐久性のある、肉厚なヘビーオンスTシャツ。しかしながら、着心地の観点からみると、決して優れているとは言い切れません。

こちらは、その要素の中の固さや着心地の窮屈さを取り除き、ソフトだけど厚みがありリラックスな着心地を実現したポケットTシャツ。普段使いでガンガン洗濯してラフに着れる耐久性がありながらも、柔らかく快適な着心地で、Reらしいどこか上品な雰囲気も兼ね備えた1枚です。

詳細を見る

最後に

襟がだらしなく伸びないようにする為には、洗濯をする時にネットに入れる、また襟を輪ゴムなどで留めるという方法もあるのですが、男性だとそこまで気を遣ってTシャツを着るという方も少ないのではないでしょうか?

Tシャツはバンバン着て、ガシガシ洗うというのが一般的。

洗い込んで少しヨレヨレになったTシャツもそれはそれで味があるとは思うのですが、それはそれで限度があると思います。

どんなに大事に着ていても襟のリブ部分に穴が開いたり、縫製が外れたりするのはTシャツの宿命と諦めて、よれよれになったら部屋着、それでも着られない状態になったら雑巾などに再利用というのもありなのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、もう着なくなったTシャツを愛犬のベッドに着せてあげました。

うちの愛犬は潜るのが好きなので大喜び、その潜り込んだ姿が可愛くて筆者も癒されています。

コロモビト.ではあなたを魅力的にする情報をお届けしていきますので、またお越しいただけましたら幸いです。
よろしければブックマークよろしくお願いいたします。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

15832

コトカテゴリの最新記事