自分の定番スウェット

自分の定番スウェット

自分の中の定番アイテムってありますか?

シャツ、スウェット、チノパン…流行りモノも着たいけれど、まずは定番あってこそ。
と、なんとなく僕は思います。

朝の身支度で迷ったとき、スタイリングの中心にしたいとき。
定番はあればとっても便利なのですが、好みはなかなか見つからない。

だからこそ、見つかったときは最高!

『そうそう、こういうの!』と、たまらなく嬉しくなって、同じものを2つ買ってしまうこともあります。笑

最近ではやっと寒さを感じ始め、秋冬シーズンの実感が伴ってきましたね。
ということで、本日はスウェットの話を。

なんだかんだで『普通』な1着がいいのだけれども、その中にもちょっとだけ『らしさ』があれば、なおよし。

こちらでは、個人的に気になったスウェットたちを集めてみました。



全てのヴィンテージ好きへ


たたまれたスウェット

REMI RELIEF(レミレリーフ) カラー別注 スペシャルリメイク 裏毛 クルー スウェット

REMI RELIEFといえば『スペシャル加工』。
ヴィンテージが朽ち果てていくのと全く同じ原理で加工されています。
とにかく良い顔をしている!これが第一印象。

生地を育てるのも一興ですが、手に入れてすぐにこの雰囲気で着られるのは、とても嬉しいんです。
薄手なので、寒くなりはじめたときがオススメです。



クルーネックスウェットの吉備元
スウェットの袖
詳細を見る

これぞ動きやすいアメカジ


FELCOのスウェット

FELCO(フェルコ) インバースウィーブ Vガゼット クルーネック スウェット

Felcoのスウェットは、『ガシッと丈夫な生地』が特徴。
首元のVガゼットや、少し長めのリブなど、オーセンティックな臭いがたまりません。

サイドは『インバースウィーブ仕様』で、動きやすさは抜群でした。
さらに、鍵などを入れられるポケットもなにかと嬉しい…!
程よい厚みで、秋~冬までロングシーズン着られます。



スウェットの生地
あだちがスウェットのポケットに手を入れている
詳細を見る

ずっと着ていたいほど柔らかい


KEPANIのクルーネックスウェット
KEPANI(ケパニ)ハリス-2/ラフィー裏起毛 クルースウェット

KEPANIの『ラフィー生地』はぜひ覚えていただきたい。
僕が初めて着た時は、そのふっくらさに素晴らしく感動しました。
ストレッチが効いており、重ね着も問題なし。
保温性が高いので、秋が深まる頃~真冬までが着頃ですよ。



KEPANIの生地
KEPANIのスウェットの裾を引っ張る
詳細を見る

最後に

いかがでしたか?

お気に入りの定番が見つかれば、そこからスタイリングを考えるのも楽しさ。

ぜひ1度、体感してみてくださいね。





モノカテゴリの最新記事