透けないロンTの選び方

透けないロンTの選び方

こんにちは。コロモビト.です。

「春は、もうすぐそこ」ということもあり、ロンT(長袖Tシャツ)が大活躍する季節がやってまいりました。

ロンTは、防寒用のインナーとしてはもちろん、おしゃれなレイヤードコーデも楽しめるということもあり、色違いで何枚かは持っておきたいアイテムです。

中でも白のロンTは、幅広いコーディネートに使いやすいということもあり大人気。

しかし「白は透けやすい、乳首が透けて見えるのは最悪」ということで敬遠しているというお客様も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「透けないロンTの選び方」をご紹介させていただきます。

なぜ白Tは透けてしまうのか?

まずは「なぜ白Tシャツは透けてしまうのか?」を考えてみましょう。

それは上の色と下の色の差に原因があります。

上の色が下の色より薄いと「光が下の色に届き、下の色を写しだす」ことにより肌が透けて見えてしまうのです。

透けにくい白Tシャツを選ぶコツ

次に「透けにくい白Tシャツの特徴」について考えてみましょう。

厚手(6オンス以上)の生地を選ぶ

Tシャツには様々な厚みの生地を使用した商品が存在します。

Tシャツでは厚みを「オンス(oz)」と表記するのですが、それぞれ以下のような特徴があります。

・「3オンス」
3オンス相当の生地は「ライトウエイト」と表現されることもあります。

薄手でさらっとした肌触りが特徴で暑い夏には適していますが、その分一枚で着た時に透けやすいというデメリットがあります。

・「4~5オンス」
4~5オンスの生地は「ミディアムウエイト」と表現されることもあります。
標準的で、一番よくTシャツに使用されている厚さです。

季節を問わずに着ることができるのですが、商品によっては白が透けやすいという特徴があります。

・「6~9オンス」
「6~9オンス」の生地は「ヘビーウエイト」と表現されることもあります。

生地が厚手ということもあり、丈夫で型崩れしにくいという特徴があります。
また白でも透けにくいという点も魅力です。

高密度な編立の物を選ぶ

Tシャツには着心地や丈夫さなどを考慮して開発された様々な編立が存在します。

中でも「度詰め」という編立は密度を詰めて生地を編みたてることにより生地の下に光が入り難く、下の色が透けにくいという特性があります。

ピッタリとしたサイズを選ばない

サイズの選び方も肌を透けさせない為に重要な要素となります。

小さめのサイズを着ることで、肌との距離が近づき、肌の色が透けやすくなってしまいます。

肌の色を透けさせない為には、適度なサイズを着ることが大切です。

乳首透け対策としてインナーを着る

白のロンTを着る際に乳首を透けさせない対策としてタンクトップなどのインナーを着るというのもおすすめです。

インナーを着る時の注意点は、ブラックやネイビーなどの濃い色をインナーとして着ると透けて見えてしまうので、白ロンTと同じ白や、白に馴染みやすいベージュを選ぶという点です。

またサイズ選びも重要、ロンTは体にフィットしないように適度なサイズで着ること、逆にインナーは出来るだけ体にフィットしたサイズを選びましょう。

透けない白ロンTを厳選セレクト

一枚での着こなしはもちろん、インナーアイテムとしても使える「おすすめの透けない白ロンT」をご紹介します。

GOOD ON(グッドオン)ラグランポケット付き ロングスリーブ Tシャツ

まるで薄手のスウェットのように存在感のある生地は、定番のTシャツ(5.5オンス)より更に重厚な9オンス。ほど良い厚みがあるボディは、良質なアメリカ綿の着心地を存分に味わうことができます。

Good Onの中で最もリピート購買率の高い人気商品です。

詳細を見る

RE MADE IN TOKYO JAPAN(アールイー)ロングスリーブ ドレス Tシャツ

専用に選定された上質素材を活かし、品よくスタイリッシュにそして洗濯を重ねデイリーな着こなしを追及したドレスTシャツです。

Tシャツ1枚でも華奢にならず見栄える、ジャケットのインで合わせてもドレスシャツを着ているかのように綺麗でフォーマルな雰囲気に仕上がります。

詳細を見る

SOGLIA(ソリア) 14oz GT 2 マックスウエイト ロングスリーブ

糸にこだわって物を生みだす国産ニットブランド「soglia」より、GT2を用いたロングスリーブTシャツ。

ゆったり目のシルエットに、シンプルながらも特徴的なデザインは、肩ひじ張らないナチュラルな印象を与えてくれる一着に仕上がっています。

詳細を見る

透け防止におすすめのインナーセレクト

「乳首が透けるのは嫌」というお客様におすすめのインナーをご紹介させていただきます。

ロンTとの重ね着はもちろん半袖Tシャツやシャツのインナーとしてもおすすめです。

RE MADE IN TOKYO JAPAN(アールイー) パーフェクトインナー タンクトップ

製造はブランドの大前提でもある高い技術と伝統のMADE IN JAPAN。

シーズンごとにリリースされ、その着心地、ディティールの完成度の高さが評価され数多くのリピーターと愛用者を生んだブランドの看板とも呼べるロングセラーシリーズです。

詳細を見る

KEPANI(ケパニ) ラフィー ストレッチ フライス タンクトップ 

ストレッチを入れることでフィット感が増し、窮屈感なく着用いただけます。

すっきりとしたシルエットなので、上にシャツなどを羽織っていただいてもかさばらないというのも魅力の一枚です。

詳細を見る

HENRI(エンリ) リブ タンクトップ 

上質なコットンを使用し、サイドシームレスで仕上げた、インナーとしての「着心地の良さ」を実感できる1枚です。

洗濯を繰り返しても型崩れしないタフさも兼ね備えたタンクトップは、シーズンレスで活躍。
リピーターも多く、何枚でも欲しくなるタンクトップです。

詳細を見る

最後に

シャツの前ボタンを開けて着たり、半袖Tシャツと重ね着したりなど、白のロンTはワイルドで、こなれた印象を演出するのに最適なアイテムです。

今までは「肌が透ける」「乳首が透ける」という理由から白のロンTを敬遠していたというお客様も、選び方によっては心配することがないということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

コロモビト.ではあなたを魅力的にする情報をお届けしていきますので、またお越しいただけましたら幸いです。
よろしければブックマークよろしくお願いいたします。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

モノカテゴリの最新記事