メダルも狙える、スタイリッシュなOn(オン)のスニーカー

メダルも狙える、スタイリッシュなOn(オン)のスニーカー

こんにちは、コロモビト.です。

ここ数年、ジョギングやランニングを愉しんでいるヒトが増えています。
からだを動かすことは気持ちよく、からだにも心にもいいですね。

ところで、ランニングシューズと普段履きのシューズを分けているという方は多いと思います。それは
ランニングシューズは野暮ったいデザインのモノが多く、普段のコーディネートに取り入れにくいからではないですか?

ランニングシューズはシルエットがボテっとしていたり、色づかいが派手すぎたり。。。
それが悪いわけではないのですが、苦手というヒトは多いのではないでしょうか。

そんなヒトにおすすめなのが、
機能性に基づいたシンプルなデザインが魅力のOn(オン)のスニーカー

まだブランドの存在を知らないヒトも多いのですが、
リオ五輪では、ニコラ・スピリグというトライアスロンの選手が、
Onのクラウドを着用して銀メダルを獲得するなど、
アスリートに高評価だそうです。

Onのスニーカーは、ブランド独自の特許技術を持ち機能的でありながら、
ワントーンや落ち着いたカラーリングのモデルが多く、コーディネートに取り入れやすいのがポイント。
カジュアルな着こなしの中でも悪目立ちすることなく、自然に馴染んでくれます。

ONのスニーカーをはいてランニング

今回はそんなOnのスニーカーを紹介します。

Onとは

ONのブランドロゴ

Onは元プロアスリートであるオリヴィエ・ベルンハルド氏ら3人の創業メンバーが、
ランニングの世界を変える」という大きな目標を掲げ、豊富な経験とエンジニアの技術を結集し、2010年にスイスのチューリッヒの一角でスタートしました。

ソフトな着地爆発的な蹴り出し

その性能は高い評価を受け、創業からわずか10年で世界50か国以上、6500店舗で取り扱われるほどの人気ブランドへと成長。
そしてその勢いはとどまることを知らない。

クラウドテックとは

Onの特徴といえば、クラウドテックという独自の特許技術。
元プロトライアスロン選手だった創業者が自身の怪我の悩みをきっかけに作り出しました。

垂直方向だけでなく、水平方向の衝撃も吸収できるようなクッショニングシステムが必要だと考え、はじめて作った試作品は「水撒きホース」を輪切りにしたものを、ソールに瞬間接着剤で貼り付けたものだったそうです。

クラウドテックについて、Onの公式の文章を引用させていただきます。

ソフトな着地と爆発的な蹴り出しを実現するために開発を重ね、誕生した On の特許技術 CloudTec®。その結果、驚くほど軽いランニングセンセーションを提供することに成功しました。クッション性と衝撃保護は一切妥協せず、まさに雲の上を走っているような感覚を実現しています。
Onのランニングシューズが提供する、究極に軽いランニングセンセーション。足の動きに順応するクッショニング。ソールに配置されたラバー製クラウドパーツが、着地時に足に加わる垂直方向と水平方向の衝撃を吸収。ソフトなランディングと前方への強い蹴り出しを同時に実現した。

引用:On

ONのクラウド

特許技術CloudTec®は、クッション性が最も必要とされる着地時のみにその機能を発揮する、これまでになかったシステム。着地の瞬間にクラウドパーツが潰れ、しっかりとした土台へ変化。自然でパワフルな蹴り出しをサポート。さあ、飛ぶ準備はOK?

引用:On

クラウドテックのクッション性を試してみるために、
さっそく飛んでみました。

ソールに注目してみてみてください。

地面を蹴るちからが倍増されている気がします。
着地の際のクッション性も申し分なく、衝撃をうまく吸収してくれているように感じました。

最近ひざの痛みに悩まされている私のようなヒトにもぴったりな気がします。

サッと簡単脱着できるシューレース

On独自開発のイージーエントリーシューレースシステム

シューレースは伸縮しないものが一般的ですが、
Onのシューレースはほどよく伸びてくれるので脱ぎ履きがすごくラク。

まるでスリッポンのように、
足をサッとシューズに滑り込ませるだけの簡単脱着が可能なんです。

ONのシューレースは伸びる

足にぴったりと装着されるので、ランニング中にズレることもありません。

毎回靴紐を結び直す必要がないので、これは本当に便利です。

フィッティングは、標準より少し小さめなサイズ感です。
足入れした感じを日本規格のスニーカーと比べると、
甲が少し低めでワイズも少し狭めな気がします。

普段26cmのスニーカーを履くことが多いのですが、26.5cmがジャストフィットでした。

ONのオススメを紹介

定番のモノ、カジュアルな印象のモノ、防水のモノ
など、様々なラインナップがあり、
あなたに必要な機能のモノがみつかるかも。

OnのアイコニックアイテムであるCloud(クラウド)

ON(オン) クラウド
ON(オン) クラウド

ブランドのアイコン的存在で、ベストセラーモデルの『Cloud(クラウド)』。
独自のCloudTecシステムを採用し極めて高いクッション性を備えた、
超軽量なランニングシューズです。

詳細を見る

拘ったユニークなディティールのテリー

ON(オン) クラウド テリー
ON(オン) クラウド テリー

二種類のビーガンレザーを使用。

また、シュータンの素材、テリー(Terry)生地を採用。
コットンとハイテク素材が織りなすパイル織物の一種を使って、すべて快適な仕上がりとなっています。

詳細を見る

雨の中でも快適な防水モデル

ON(オン) クラウド ウォータープルーフ
ON(オン) クラウド ウォータープルーフ

防風&防水加工されたメンブレンアッパーは、通気性と防水性に優れ、雨の中でも足をドライに保ち、雨の日でも快適です。
またシューズ全体をシームレス補強し、足あたりがソフトに。
足先のトゥキャップは完璧なフィット感をサポートしてくれます。

詳細を見る

クラウドの機能性をそのままにハイカット仕様に

ON(オン) クラウド ハイ
ON(オン) クラウド ハイ

Onのアイコンである「クラウド」を、街履きや旅のために正統進化させたモデルです。
「クラウドハイ」の名の通り、ハイカットで存在感のあるデザイン。

詳細を見る

防水モデルもハイカット仕様に

ON(オン) クラウド ウォータープルーフ
ON(オン) クラウド ウォータープルーフ

Onの最強アウトドア防水シューズと同じ技術を採用し、
日常生活でも履けるようデザインをハイカットに再設計して生まれました。

ランニングシューズの要素を含みながらもスタイリッシュでシックなデザインは、普段使いから旅行などにピッタリな1足です。
しかも、天候に左右されることなく、いつでもどこでもアクティブライフを楽しんでいただけます。

詳細を見る

最後に

たとえば、一週間の海外旅行。
行先はグアム。
旅行二日目の朝。
いつもより早起きし、朝日をあびながら軽くジョギングをして目をさます。
ひと汗かいた後はシャワーをあびてホテルで朝食をとり、
そのあとは大型ショッピングモールに足を運び、優雅にショッピングを楽しむ。

そんな、どのシーンを切り取ってもOnのスニーカーがぴったりハマってくれる

グアム行ったコトがありませんがそんな気がします(笑)

コロモビト.ではあなたを魅力的にする情報をお届けしていきますので、
またお越しいただけましたら幸いです。
よろしければブックマークよろしくお願いいたします。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

あだち

端正なルックスとは裏腹にユーモア精神に溢れ、社内に笑いを巻き起こす男。スケボー通勤で有名。

趣味:ライブ/フェス/スケボー

モノカテゴリの最新記事