購入する前に知っておきたい寝袋(シュラフ)の知識と選び方

購入する前に知っておきたい寝袋(シュラフ)の知識と選び方

キャンプでは欠かせないアイテムの寝袋(シュラフ)。

どれを選ぶかによって睡眠の質に大きく影響するため、自分に合ったものを選びたいと考えている方も多いと思います。
しかし、知識やキャンプ経験が少ない方だと選ぶポイントがわからないものです。

そこで今回、寝袋の形状や素材、機能性といった特徴と選び方について解説していきます。

自分に合った寝袋(シュラフ)の選び方

キャンプには季節・天候・場所など環境によって選ぶポイントは大きく違います。また体型や体質なども人それぞれです。それでは選び方のポイントとなる寝袋の特徴について解説していきます。

寝袋(シュラフ)の形状から選ぶ

寝袋の形状はいくつかありますが、ここでは代表的な「封筒型」「マミー型」の2つを紹介します。

封筒型

ジッパーを閉じなければ布団感覚で使える「封筒型」。窮屈な感じがなく寝心地がいいです。しかし保温性はやや低く、寒い環境にはあまり向いていません。暖かい時期のキャンプ、オートキャンプ、ファミリーキャンプに向いている寝袋です。

マミー型

体を包み込みフィット感のある「マミー型」。保温性が高く寒い時期のキャンプに向いています。軽くてコンパクトに持ち運びできるため登山やツーリング、ソロキャンプなどにおすすめです。

中綿の種類はダウンか化繊

中綿は主に保温性・重量・携帯性で差が出ます。「ダウン」と「化繊」それぞれの違いをみていきましょう。

ダウン

保温性が高く、軽量でコンパクトに収納できる点が強みです。その一方で悪天候時や結露により水に濡れると保温性が低下するという弱点もあります。

また購入前に確認しておきたいのがFP(フィルパワー)値です。ダウンのかさ(嵩)を表す指標で、高ければ羽毛量が多く保温性が高い。少なければ羽毛量が少なく保温性が低くなります。

化繊

ダウンと比較して保温性は低く、重さもあります。ただ水には強く天候に左右されません。水洗いも可能でお手入れは簡単です。オートキャンプや車中泊などに向いているでしょう。

適応温度(利用シーズン)

寝袋には利用シーンに合わせた快適使用温度目安が記されています。快適な睡眠のためにも使用する環境に合った寝袋を選ぶことが大事です。もし冬場に夏用を使っていると体温低下により命の危険性もあります。

夏用であれば5~10℃、冬用であれば-5℃以下、3シーズン(春~秋)用であれば-5℃~5℃が目安とされているので、購入する際はしっかり確認しましょう。

体へのフィット感(適応身長・幅)

身長や身幅など体格に見合った寝袋を選ぶようにしましょう。

ブランドによって表記や寸法は違いますが、ショート・レギュラー・ロングなどいくつかサイズが設定されています。体に対して寝袋のサイズが小さいと窮屈で寝心地が悪く、大きすぎると保温性が低下するため注意が必要です。

ファスナーなどの操作性

意外と見落としてしまうポイントがファスナーなどの操作性です。使い勝手が悪いと就寝前後でストレスに感じることもあります。それ以外に体へのストレスを軽減してくれるストレッチ性も選ぶ際の大切なポイントです。

保温性・透湿性

寝袋選びで重要なポイントとなるのが保温性と透湿性です。

屋外キャンプでは気温の低い季節はもちろん、暑い夏場でも夜間は冷えやすいため保温性はチェックしましょう。ただ温まる一方で寝袋内が蒸れると寝心地が悪くなります。しかし透湿性があれば、湿気を外へ逃がす働きをするので、より快適な睡眠が期待できます。

耐久性・撥水性

環境にもよりますが耐久性と撥水性が備わっている寝袋は重宝できます。

車中泊など屋外でなければ気にすることはありません。しかし屋外は雨天や結露によって濡れることがあります。また何度も使っていると素材が破れたり性能が低下したりもするので、長く使いたいのであれば耐久性の高さも決め手になります。

収納(持ち運び)しやすいサイズと重さ

中綿の種類でも説明していたのですが、ダウンは軽くコンパクトに収納できるので化繊より持ち運びしやすいです。ただ車内に保管しておく場合などはあまり重視する必要もないので、利用シーンに応じて判断するといいでしょう。

お手入れのしやすさ

使っていくうちに汗や皮脂汚れ、土や雨で汚れてしまうためお手入れのしやすさも考慮しておくといいでしょう。
化繊は水に強いため洗濯機でも洗えます。一方のダウンは洗濯用洗剤がNGです。

ダウン製品専用の洗剤を用いて手洗いする必要があるため、機能性は高いですがお手入れは少し手間がかかります。

快適に過ごせるハイスペックな寝袋(シュラフ)を紹介

寝袋(シュアラフ)はメーカーのこだわりが強く反映されるアイテムです。ここでは3大メーカーと呼ばれるうちの1つ、滋賀の寝袋メーカー「NANGA(ナンガ)」のおすすめ寝袋を紹介します。

NANGA(ナンガ) オーロラライト450DX マミー型シュラフ 15289

安全性と高品質、そして羽毛にこだわった「NANGA(ナンガ)」のマミー型シュラフ。

水に弱いダウンの性能を損なわないよう独自開発した防水透湿素材「AURORA-TEX(オーロラテックス)」を採用しています。

軽量で保温性も高く、やわらかなダウンが体に馴染むため寝心地は抜群です。またフード部分のドローコードで温度やフィット感を簡単に調整ができるなど操作性の良さも光ります。

詳細を見る

アウトドア以外でも寝袋(シュラフ)は役立つ

寝袋はキャンプや車中泊などアウトドアに用いるアイテムですが、用途はそれだけにとどまりません。

たとえば冬場に停電して暖房が効かない、天災で外へ避難しなければならないといった非常時のアイテムとして活躍します。ほかにも来客で布団が足りないときにも寝袋があれば便利です。

まとめ

ここまで寝袋(シュラフ)の選び方について紹介してきました。

ベテランキャンパーであれば熟知しているかもしれませんが、これから始めようと考えている方は選ぶポイントがわからないものです。もし使用環境に適応していない寝袋を使用すると命に係わる可能性もあります。

自分に合った寝袋を選ぶためにも今回の内容をぜひ参考にしてみてください。

コロモビト.ではあなたを魅力的にする情報をお届けしていきますので、
またお越しいただけましたら幸いです。
よろしければブックマークよろしくお願いいたします。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

21506

モノカテゴリの最新記事